葭風会だより

季節を感じてひとりごと

京都御所

京都御所の参観 が、一年ほど前から予約の必要がなくなっていたのを、ご存知ですか?


特別な行事がない限り、いつでも参観可能で、
ガイドツアーにも無料で参加できます。


このガイドツアーが面白い!
よくわかる!
お薦めです。


f:id:kafu-kai:20170817150420j:plain
天皇陛下がお通りになる門

f:id:kafu-kai:20170817150521j:plain
重要な儀式が行われてきた紫宸殿

f:id:kafu-kai:20170817150641j:plain

広告を非表示にする

送り火

お盆に迎えた精霊を冥界へ送る行事、五山の送り火

f:id:kafu-kai:20170816211514j:plain


お盆が終わりました。

夏も終わりつつあります…

広告を非表示にする

土用干し

長岡天満宮へお詣りに。

お正月にいただくと無病息災が願えるという「福梅」を土用干し中でした。

f:id:kafu-kai:20170816163301j:plain


いつもなら夏の土用の頃は、朝からジリジリ太陽が照りつける日が続くのに、
今年は本当に不安定で、この梅も屋根の下でしたから、まだしばらく干されるのでしょうか。


12月13日の事始めから授与されます。

広告を非表示にする

滋賀県 能登川駅から歩いて10分、田舎に突如現れる行列の先には、

エクレア屋さん!

f:id:kafu-kai:20170812144733j:plain


エクレアとは、フランス語のエクレール →「稲妻」という意味だそうです。


なぜ稲妻なのか・・

・シューを焼いたときに表面にできる割れ目が、稲妻に似ているからという説。


・シューの上にかける チョコレートがつややかに光っていて、稲妻に見えるという説。


・中のクリームが飛び出たり、表面のチョコレートが溶けないうちに“稲妻のごとく”すばやく食べるように、という説。


・雷神が天空を翔けていったときに落とした糞を模している説。



不安定な天候が続く今年の夏。
雷の音を聞きながら、のんびりエクレア&ティータイムいたしましょうか(^-^)


広告を非表示にする

かき氷

残暑厳しい毎日です。

やっと今年お初のかき氷を食べました。

テレビで紹介されたばかりの、ハチミツ屋さんのかき氷「蜂蜜生姜氷」

f:id:kafu-kai:20170809142413j:plain

なんと6種類のハチミツが、かけ放題(^-^)



かき氷の歴史は古く、枕草子にも記述があります。

「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」


甘い蜜がかかったかき氷が、新しい金属製の器に入っていて、
見た目も涼やか、触ってもひんやり、
なんて贅沢でしょう。

広告を非表示にする

秋立つ日

今日は立秋。

「秋きぬと目にはさやかに見えねども
風の音にぞおどろかれぬる」
古今和歌集 秋の第一首 藤原敏行


暦の上ではもう秋。
まだまだ暑くて、秋が来たようには思えないけれど、
ふとした瞬間 風の変化に秋の気配を感じること、ありますね。


台風が接近しています。
被害がないことを祈ります。

広告を非表示にする

二の丑

f:id:kafu-kai:20170806130229j:plain

今日は二回目の「土用の丑の日」(^-^)


台風の影響か、関西はうだるような暑さです。

それでも朝、ツクツクボウシが鳴いていて、秋の気配が。

明日は立秋です。
古今和歌集 夏の最後の歌は、

「夏と秋とゆきかふ空のかよひぢは
かたへ涼しき風や吹くらむ」 凡河内 躬恒

(夏から秋へと入れ替わる空の上では、片側には涼しい風が吹いているのでしょうか)

広告を非表示にする