葭風会だより

季節を感じてひとりごと

小鮎

この時期、滋賀のスーパーには、「小鮎」が並びます。


琵琶湖の鮎のほとんどは、琵琶湖の中だけで生活するので、あまり大きくならないそうです。

なので「小鮎」。子鮎ではありません。


小鮎は、うろこが細かく滑らかで、皮や骨も柔らかく、丸ごと食べられます。

f:id:kafu-kai:20170722112342j:plain

母が作ってくれた、小鮎の南蛮漬けと佃煮。


ほろ苦さが夏の暑さを忘れさせてくれます。

広告を非表示にする

珈琲を飲みながら

我が街 亀岡で月一回の「カフェで楽しむ古典 百人一首」、和やかに続けております。

f:id:kafu-kai:20170721072915j:plain

美味しい珈琲を飲みながら、ちょっと1時間ほどお勉強。


うわぁ、この歌 好きになったわ~(^-^)


なんて言葉を聞くと、嬉しくなります。


私の街のカフェにも来て~ と、リクエスト お待ちしております。

広告を非表示にする

暑中お見舞い申し上げます

梅雨明けバンザーイ!


羽化した蝉が、一斉に鳴き出しました。


f:id:kafu-kai:20170719212252j:plain


閑さや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉

蓮華

奈良県屈指の蓮のお寺 喜光寺 へ

f:id:kafu-kai:20170714072456j:plain

f:id:kafu-kai:20170714072625j:plain

広告を非表示にする

お知らせ

7月30日(日) 狂言発表会
「三の会 素(しろ)」

15時ごろ 小舞 「鵜飼」で
舞台に立たせていただきます。


金剛能楽堂のお近くを通られましたら、覗いていただけると嬉しいです。
(入場無料)


冷や汗いっぱいでお稽古しております💦
f:id:kafu-kai:20170713084817j:plain

f:id:kafu-kai:20170713084847j:plain

広告を非表示にする

素麺

いまから千二百余年を遡る昔、日本最古の神社 三輪山大神神社で、飢饉と疫病に苦しむ民の救済を祈願しました。
神のお導きのままに三輪の里に小麦を撒き、その実を石臼で粉に挽き、湧き水でこね延ばして糸状にしたものが、そうめんの起源と伝えられています。


そののち、三輪素麺はお伊勢参りの途中で訪れた人々を魅了し、日本各地に広がったということです。


f:id:kafu-kai:20170711171833j:plain

f:id:kafu-kai:20170711171939j:plain

大神(おおみわ)神社にお詣り。
参道のお店で素麺をいただいてきました。

広告を非表示にする

森の中の家

京丹後市久美浜にある「和久傳の森」


あの料亭 和久傳で使われている野菜が育てられている森の中に、
先日オープンした安野光雅 美術館。


舞鶴教室に来られている方が受付をされているということで、会いに行ってきました。


f:id:kafu-kai:20170709202207j:plain


あいにくの雨でしたが、そのお蔭で緑がキレイ!

90才で描いたという絵も公開されていて、柔らかな雰囲気に心が和みました。

広告を非表示にする