葭風会だより

(かふうかいだより) 季節を感じてひとりごと

宝尽くし紋様

福徳を呼ぶ吉祥紋様である宝尽くしを描いた香炉を作ってもらいました。


来春にはこの香炉で組香ができる日常に戻っていることを祈りつつ…


f:id:kafu-kai:20201201202821j:plain

f:id:kafu-kai:20201201202836j:plain


宝珠【ほうじゅ】:願いを叶える

隠れ蓑・隠れ笠【かくれみの・かくれがさ】:体を隠し、危険から身を守る

打出の小槌【うちでのこづち】:打てば宝がでてくる

鍵【かぎ】:大切なものを守る土蔵の鍵

金嚢【きんのう】:砂金や金貨を入れる

宝巻・巻軸【ほうかん・まきじく】:知恵・知識を授ける

筒守【つつまもり】:宝巻・巻軸を入れる物

分銅【ふんどう】:金を計る

丁子【ちょうじ】:貴重な薬・香料。健康・長寿。

花輪違い(七宝)【はなわちがい】: この世の七つの宝。

この他にもありますが、それらの中から組み合わせて使用し宝尽くしといいます。

木葉舞散る

「まばらなる真木の板屋に音はして 漏らぬ時雨や木葉なるらむ」藤原俊成


隙間だらけの真木の板葺き屋根に、時雨の音がするのに、雨が漏ってこないのは、あぁ 木葉が舞落ちる音だったんだなぁ・・

f:id:kafu-kai:20201124170620j:plain

夕月

f:id:kafu-kai:20201119184226j:plain

「夕月夜をぐらの山に鳴く鹿の 声のうちにや 秋は暮るらむ」紀貫之


夕月が出ている。
そして山の奥から鹿の声が聞こえてくる

あぁ あの切ない声とともに秋は暮れてゆくのだなぁ…

祖父江ぎんなん

f:id:kafu-kai:20201118164531j:plain

愛知県稲沢市祖父江。

木曽川がもたらした肥沃な大地で育つイチョウの樹から採れる「祖父江ぎんなん」は、大粒でもっちりとした食感が特徴のブランド品。

今年もいただきました。


今、街中のイチョウの木が、黄金色に輝いています。

f:id:kafu-kai:20201118164759j:plain