葭風会だより

季節を感じてひとりごと

古今伝授の里

905年に成立した日本初めての勅撰和歌集 古今和歌集。

以降 和歌のお手本として、勉強されてきましたが、時の流れとともに様々な歌の解釈が生まれてきます。


室町時代中期、歌人 東常縁(とうのつねより)は、古今和歌集の解釈をまとめ奥儀を弟子に伝えました。
これが古今伝授です。


f:id:kafu-kai:20160510090111j:plain
岐阜県郡上市 古今伝授の里フィールドミュージアム
f:id:kafu-kai:20160510090426j:plain


庭園の牡丹は今 満開です
f:id:kafu-kai:20160510090356j:plain

広告を非表示にする