葭風会だより

季節を感じてひとりごと

利休忌

美しい気品を備え しみじみとした情趣が漂う余情美、『幽玄』。


平安時代の終わりから鎌倉にかけて生きた、藤原俊成が確立した歌の世界。


その後、能楽・禅・連歌・茶道・俳諧など、中世・近世以来の日本の芸術文化に影響を与え続けてきました。


今日は千利休が最期を迎えた日。
「わび さび」も藤原俊成から繋がっています。

広告を非表示にする