葭風会だより

季節を感じてひとりごと

梢に晴るる月

「小倉山ふもとの里に木の葉散れば 梢に晴るる月を見るかな」西行


冬将軍到来で、木枯しが吹き荒れました。
先日までの紅葉が散ってしまい、気分は少し沈みがち・・
f:id:kafu-kai:20141203213747j:plain


いえいえ、そんなことはありませんよ~


木の葉が散ってしまうと、木々の間からの空が開け、お月さまが明るく見えるのです!

空気が澄んで、今夜もお月さまがとっても綺麗です。

広告を非表示にする