葭風会だより

季節を感じてひとりごと

かき氷

旧暦六月一日は、「氷の朔日」とも言われます。
昔はこの日に氷室の扉をあけ、宮中に献上されました。



さて、暑い日に食べたくなる かき氷。
日本で一番古い記述が枕草子にあります。

「あてなるもの。
削り氷にあまづら入れて、新しき金まりに入れたる」

(とっても上品なもの。
それは、削った氷のうえに、黄金色の甘い蜜をかけて、新しい金属製の器に入れたもの。)


清少納言が過ごした街を眺められる 私のお気に入りの甘味処で、今年初のかき氷を食べました。

f:id:kafu-kai:20180601121226j:plain