読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

お酒

700年前後に生きた大伴旅人は、大変なお酒好きだったようで、
万葉集の中に13首の「酒を讚むる歌」が残されています。


「験(しるし)なき ものを思はずは 一坏(ひとつき)の 濁れる酒を 飲むべくあるらし」

(悩んでもしょうがない。
それよりまずは一杯の酒を飲もうじゃないか)


「価(あたひ)なき 宝といふとも 一坏(ひとつき)の 濁れる酒に あにまさめやも」

(どんなに高価な宝といえども、
一杯の酒にまさることがあろうか)



ウェスティン都ホテルで地酒フェスタがあり、好みのお酒を見つけてきました(^^)

f:id:kafu-kai:20170430151906j:plain