読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

つぼみ

「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」在原業平 

(世の中に桜というものがなかったなら、春をのどかな心持ちで過ごせるだろうに・・)



「ことならは 咲かずやあらむ 桜花 見る我さへも しづこころなし」紀貫之

(どうせなら 咲かないでおくれ、桜の花よ。私たちは、そわそわ どきどき落ち着かないよ・・)


f:id:kafu-kai:20170326195325j:plain
(今日の亀岡の桜)


三寒四温、さくらのつぼみが少し膨らんだかなと思ったら、また縮こまり、
いつ咲くんだろう と落ち着かないのは、昔も今も変わりません。