葭風会だより

季節を感じてひとりごと

十五夜

「月にむら雲 花に風」という言葉がありますが、これはせっかく月を愛でていても雲が邪魔をしてしまう・・思い通りにならないことの例えです。


でもこんな和歌があります。

「秋風にたなびく雲の絶へ間より もれいづる月の影のさやけさ」


少し隠してしまう雲があるからこそ、その間から射し込んでくる月の光の美しいこと!


亀屋清永「月影」というお菓子です。
f:id:kafu-kai:20160915165528j:plain


今宵は十五夜。
どんな月が見れるでしょう。

広告を非表示にする