葭風会だより

季節を感じてひとりごと

結び

結びの語源は、「産霊(むすひ)」。

産霊とは、天地・万物を生み出す神霊のこと。

ですから、祇園祭の山鉾のあちこちにも、たくさんの結びが見られます。


さて この結びは、おめでたい淡路結びを少し変化させたものです。
f:id:kafu-kai:20160706154021j:plain

淡路結びは、強く引けば引くほど固く結ばれ、決してほどけない縁起の良い結びです。
でもそれですと中のものを取り出すことができないので、ちょっと工夫をすれば、あら不思議(^^)
するするする~とほどけます。


蝶々のようにも見えますね。

広告を非表示にする