葭風会だより

季節を感じてひとりごと

ほたる

「もの思へば沢の螢もわが身より あくがれいづる魂(たま)かとぞ見る」和泉式部


たくさんの恋に生きた和泉式部。
晩年 娘に先立たれた悲しみ、夫の夜離れの寂しさ、身も心も疲れ 貴船神社を詣でます。


ふわり ふわりと飛ぶ螢。


あぁ、私の魂のようだ・・

f:id:kafu-kai:20160601163928j:plain