葭風会だより

季節を感じてひとりごと

処暑

処・・とどまる、やむ という意味。


窓から入ってくる風が涼しくて、まさに「処暑(しょしょ)」


「秋きぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」藤原敏行

(秋が来たことが目にははっきりと見えないけれど、ふとした瞬間 風の音に秋の到来を感じるなぁ・・)

広告を非表示にする