葭風会だより

季節を感じてひとりごと

涼風至

二十四節気 立秋をむかえました。
その初めは、「涼風至(すずかぜいたる)」


うとうとしていたら、窓から入ってくる風が少し涼しくて、心地よくて、またそのまま眠ってしまいました。


今日から次の処暑までが、残暑お見舞いの時期になります。

f:id:kafu-kai:20150808112020j:plain

広告を非表示にする