葭風会だより

季節を感じてひとりごと

半夏生(はんげしょうず)

夏至から11日目、
半夏(烏柄杓カラスビシャク)という毒草が生える頃という、季節の言葉。

近畿ではこの日にタコを食べる習慣があります。
田に植えた苗が、タコの足のようにしっかりと根付くようにと縁起をかつぐ食べ物だそう。


母からタコ焼きの写真が送られてきました。
父と母、ふたりで仲良くクルクル焼いたようです(^^)
f:id:kafu-kai:20150702154255j:plain