葭風会だより

季節を感じてひとりごと

小満(しょうまん)

二十四節気「小満」

陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めるころ。

初候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)
次候 紅花栄(べにばなさかゆ)
末候 麦秋至(むぎのときいたる)


麦の穂が育ってきています。
f:id:kafu-kai:20150521083133j:plain