葭風会だより

季節を感じてひとりごと

椿餅

f:id:kafu-kai:20150220171825j:plain
源氏物語 若菜上に、
蹴鞠ののち、饗宴が催され“椿餅”の名が登場します。

 
「わざとなく、椿餅、梨、柑子やうのものども、さまざまに箱の蓋どもにとり混ぜつつあるを、若き人びとそぼれ取り食ふ。」

(訳:気楽に、椿餅、梨、柑子のような物が、いろいろないくつもの箱の蓋の上に盛り合わせてあるのを、若い人々ははしゃぎながら取って食べている。)



日本最古の餅菓子といわれる椿餅。
早春を感じながらいただきました。

広告を非表示にする