葭風会だより

季節を感じてひとりごと

初午大祭

f:id:kafu-kai:20150211155807j:plain
稲荷大神が稲荷山に初めてご鎮座になった和銅4年(711年)2月の初午の日にちなんだお祭。


稲荷山の杉と椎の枝で作った“青山飾り”があちこちに飾られています。
f:id:kafu-kai:20150211155837j:plain


また参拝者には「しるしの杉」が授与され、商売繁盛・家内安全を祈ります。
f:id:kafu-kai:20150211155732j:plain



「きさらぎやけふ初午のしるしとて 稲荷の杉はもとつ葉もなし」 光俊朝臣

(初午に参詣した人々が、そのしるしとして杉の小枝をとっていくものだから、この日の稲荷山の杉はすっかり葉がなくなってしまった)

広告を非表示にする