葭風会だより

季節を感じてひとりごと

初子(はつね)

神様が宿るといわれる常盤木(常に緑をたたえる木)の中でも、松は「祀る」につながる木。
不老長寿、繁栄のおめでたい象徴とされ、正月の門松に飾ります。


今日は新年初めての子の日。
古くはこの日に野外に出て小松を引き、根の付いた松を門に飾るのが慣わしでした。


f:id:kafu-kai:20150112095335j:plain

広告を非表示にする