葭風会だより

季節を感じてひとりごと

南天

f:id:kafu-kai:20141208084444j:plain

寒さが増すと同時に、南天の実の赤さにも深みが増してきますね。


ナンテンは、「難を転じる」縁起の良いものとされてきました。


また葉は生薬で、健胃、解熱、鎮咳、食品の防腐などの作用があり、
お赤飯やお弁当の飾りに使ったりします。


お祝いごとのときには、葉は表側を向け、不祝儀のときは裏側を向けて飾るとか。

広告を非表示にする