葭風会だより

季節を感じてひとりごと

むべ

f:id:kafu-kai:20141031223549j:plain

アケビに似た果実、むべ。


昔々 天智天皇が近江国の蒲生野に狩りにお出掛けになったとき、琵琶湖に面した奥島庄に立ち寄られました。
そこでとても元気な老夫婦に出会い、秘訣をお尋ねになりました。
「この地に古くから伝わる果物を、毎年秋に食しているからです。」と言う老夫婦。
口した天皇は一言「むべなるかな(もっともであるなあ)」とおっしゃったところから、「むべ」がこの果実の名前になりました。
それ以降 奥島地区から朝廷へ、毎年むべが献上されているそうです。

広告を非表示にする