葭風会だより

季節を感じてひとりごと

手向山神社

「このたびは幣もとりあえず手向山 紅葉の錦神のまにまに」


f:id:kafu-kai:20141026163740j:plain

奈良の東大寺二月堂のすぐ横にある手向山神社。

昔々 ここを訪れた菅原道真公は、あまりにも紅葉が美しくて、思わず一枝手折り 神様にお供えしました。そのときに詠んだ歌です。


f:id:kafu-kai:20141026164017j:plain

道真公がここに腰かけたといわれる岩


今日はまだ色づきはじめたばかりという感じでした。
これからの冷え込みが楽しみです。


f:id:kafu-kai:20141026163926j:plain

広告を非表示にする