葭風会だより

季節を感じてひとりごと

後の月

今夜は十三夜。
旧暦8月15日の満月に対して、「後の月」といいます。

平安の頃より、二度の月見をする風習があったようです。


「雲きえし秋のなかばの空よりも 月は今宵ぞ名におへりける 西行」

(「秋のなかばの空」は八月十五日の月夜。それよりも、晩秋の十三夜の方が「名に負へる」・・名に相応しく素晴らしいなぁ)


完璧な満月よりも、少し小さく、まだ満ちてゆく余韻を残すお月様。

今宵 台風一過の空に輝いてくれるでしょうか・・

広告を非表示にする