葭風会だより

季節を感じてひとりごと

六日のあやめ

「六日のあやめ 十日の菊」

(時期遅れで、役に立たないことの例え)


f:id:kafu-kai:20180506083748j:plain



さだまさしさんの歌
「六日のあやめ」♪

子供の頃から
遅れて咲いていた
六日のあやめと
笑われて泣いた
遅れまいとしたら 
転んで怪我をした
十日の菊と 
あきらめて泣いた

やっと大人になったのに
変らないのが悲しくて
そうつぶやいたらあなたは
遠くを見ながら笑った

遅れて咲いても花は花
実らなくっても恋は恋
叶わなくっても夢は夢
届かなくっても愛は愛

ほら 一番星みつけた