葭風会だより

季節を感じてひとりごと

冬はつとめて

「冬はつとめて。
雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、
火など急ぎおこして、炭持て渡るもいとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。」


冬は早朝が好き。
雪が降った朝は言うまでもないけれど、
霜が真っ白いのも、またそうでなくても、
とっても寒い朝に、火などを急いでおこして、炭火を持って廊下などを渡るのが、寒い冬の朝ならではの様子で、しっくりくるわ。
昼になって、寒さがゆるんでいくと、火鉢の火も白い灰が増えて、美しくないなぁ・・



とは言うものの、今朝は本当に寒いです。

皆様 心も体も暖かくお過ごしください。
f:id:kafu-kai:20180125075930j:plain