葭風会だより

季節を感じてひとりごと

素麺

いまから千二百余年を遡る昔、日本最古の神社 三輪山大神神社で、飢饉と疫病に苦しむ民の救済を祈願しました。
神のお導きのままに三輪の里に小麦を撒き、その実を石臼で粉に挽き、湧き水でこね延ばして糸状にしたものが、そうめんの起源と伝えられています。


そののち、三輪素麺はお伊勢参りの途中で訪れた人々を魅了し、日本各地に広がったということです。


f:id:kafu-kai:20170711171833j:plain

f:id:kafu-kai:20170711171939j:plain

大神(おおみわ)神社にお詣り。
参道のお店で素麺をいただいてきました。

広告を非表示にする