葭風会だより

季節を感じてひとりごと

占出山

祇園祭巡行のくじ取り式で、
17日の先祭、長刀鉾の次をいく山一番は「占出山」と決まりました。


神功皇后が肥前国松浦で鮎を釣って戦勝を占った、という説話に由来する占出山、
御神体(人形)は右手に釣竿、左手に釣り上げた鮎を持ったお姿です。


また神功皇后は古くから安産の神として祀られ、山鉾巡行の順が早いとその年はお産が軽いといわれています。
宵山には安産の御守りと腹帯とが授与されます。


f:id:kafu-kai:20170703085938j:plain

この扇は、28年前 安産のお守りとして師匠にいただいたものです。

広告を非表示にする