読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

春の風物詩

亀岡は霧(霞)の街。
f:id:kafu-kai:20170317075843j:plain


春になると、山の樹木の若葉は地中から水分をたくさん吸い、それを大気中に発散させます。

また、虫を呼び寄せるための花を咲かせない樹木が、代わりに樹皮や葉から、昆虫の好む香りのもととなる樹液等を発散させたりするため、大気中の水分が増えるそうです。


それらの水分が、気温の低下で細かい水滴となり、目に見える霞となって立ち込めます。


特に昼と夜の温度差が大きいこの時期、霞が発生します。


今日はいいお天気になりそうですね✨