葭風会だより

季節を感じてひとりごと

春の雪

「霞たち木の芽もはるの雪降れば 花なき里も花ぞ散りける」紀貫之


霞が立ち、木の芽も膨らんでくる春なのに、
あぁ 雪が降っている・・
まだ桜が咲いていないけれど、まるで花びらが散るように、雪が舞い落ちてきます。


今、雪が降っています。
お水取りも終わったのに、まだまだ寒いですね。

f:id:kafu-kai:20170315083121j:plain

広告を非表示にする