読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

啓蟄

二十四節気「啓蟄」となりました。


啓・・ひらく
蟄・・かくれる


土の中に隠れていた虫たちが、春の陽気に誘われて、扉をひらいて顔をのぞかせ 這い出す頃。


そういえば9年前のこの時期、大学が決まった息子は、
扉を開いて、全く後ろを振り返らずに出ていったなぁ・・
と懐かしく思い出しました。