葭風会だより

季節を感じてひとりごと

梅花祭

f:id:kafu-kai:20170225120842j:plain

f:id:kafu-kai:20170225121147j:plain


北野天満宮 梅花祭

菅原道真公の祥月命日に行われる祭典で、約900年の歴史があります。


道真公が5才のときに詠んだといわれる歌

「梅の花 紅の色にも似たるかな 阿呼がほほにつけたくぞある」

(梅の花の色は、紅の色に似ている。阿呼(あこ=道真の幼名)の頬につけてみたいなあ。)



今日は春の日射しで、露店では掘り出し物を探したり、値段交渉をしたり・・
朝から多くの参拝者で賑わっています。

広告を非表示にする