葭風会だより

季節を感じてひとりごと

春たちける日

「袖ひちてむすびし水のこほれるを 春立つけふの風やとくらん」紀貫之

(去年の夏、袖を濡らしながら両手にすくい取った水が、冬の寒さで凍っていたのを、立春の今日の風が解かしてくれるだろうか・・)


f:id:kafu-kai:20170204091849j:plain

立春

安土山から登る太陽、穏やかな朝です。