葭風会だより

季節を感じてひとりごと

師走

暦が12月に変わると、京都の街は観光客の波ひき、一気に年の瀬モードに入ります。



「師(僧)が走る」
日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習がありました。
年末はとっても忙しく あっちこっち走り回るお坊さん。
その様子から師走になったという説。


「年が果てる」
一年が終わる月ということから、年果つ(としはつ)が変化したという説。


「四季が果てる」
四季果つ(しきはつ)が変化したという説。


など。


だんだんと気忙しくなって参りますが、寒さに負けず一年を締めくくりましょう。