葭風会だより

季節を感じてひとりごと

藤袴&アサギマダラ

f:id:kafu-kai:20161005094852j:plain
万葉の昔から親しまれてきたフジバカマ。

以前はありふれたものだったようですが、今では自生するものは減少し、絶滅寸前種に指定されています。


柚子の里で有名な水尾では、フジバカマを栽培・保護しておられ、今 見頃を迎えています。


この花を好んで飛んでくるのが、アサギマダラ。


f:id:kafu-kai:20161005092355j:plain
マーキングしてある蝶を見つけました
f:id:kafu-kai:20161005092436j:plain
美味しそうに蜜を吸っています



この蝶はとてもとても長い旅をします。


春から夏にかけては本州等の標高1000メートルから2000メートルほどの涼しい高原地帯を繁殖地とし、
秋になると南へ移動
九州や沖縄、さらに八重山諸島や台湾にまで、1000キロ以上の旅です。

冬の間は暖かい南の島の洞穴で過ごし、春、新たに生まれた蝶たちが北上し、本州などの高原地帯に戻ってきます。

季節により長距離移動(渡り)をする日本で唯一の蝶だそうです。



この蝶はこの後どこへ旅立ってゆくのでしょう・・