読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

雨上がり

f:id:kafu-kai:20160921073202j:plain
今朝、庭で見つけた真珠



枕草子 126段
「夜一夜降り明しつる雨の、今朝はやみて、(略) 蜘蛛の巣こぼれ残りたるに、雨のかかりたるが、白き玉をつらぬきたるやうなるこそ、いみじうあはれに、をかしけれ。」


訳:
一晩中降り続いた雨が、今朝はやんで (略) 蜘蛛の巣の破れ残っているところに、雨の雫がついているのが、まるで真珠をかがったように見えるのは、なんとも風情があって、なんて素敵なんでしょう。