読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

俳句の日

今日 8月19日は、819でバイクの日。そして俳句の日。



「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」松尾芭蕉


誰もが知っているこの俳句。
1926年 歌人の斎藤茂吉が、この蝉はアブラゼミだと唱えたことで、論争が起こったようです。


アブラゼミなのか、クマゼミなのか、はたまたニイニイゼミなのか、ヒグラシなのか・・


閑かさや(しずかさや)
この字から、私は哀愁漂うヒグラシのような気がするのですが、
さてどうでしょう・・