読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

行合の空

今日も猛暑日でしたが、暦の上では立秋を迎えました。


古今和歌集 夏の最後の歌
「夏と秋と行きかふ空のかよひ路は かたへすずしき風や吹くらむ」

(去りゆく夏と訪れる秋が行き違う空の通り路では、片方にだけ涼しい風が吹いているのだろうか。)



夏から秋へと変わるころの空のことを、「行合の空(ゆきあいのそら)」といいます。

まだまだ暑い日中ですが、ツクツクボウシの声や蜻蛉の姿、柿の実の膨らみ、夕暮れ時の風の涼しさ・・
ふとしたところに秋を感じる、そんな頃となりました。