葭風会だより

季節を感じてひとりごと

百人一首の日

藤原定家の日記「明月記」

1235年5月27日の頁には、
「古来人歌各一首 自天智天皇以来及家隆雅経」
と書かれています。

親友 宇都宮頼綱のたのみで、山荘の障子に貼る色紙に、古来の人々の歌を 各人一首ずつ書き留めた
ということです。


百人一首、奥が深く、楽しくて、いろいろな発見があり ワクワクします。
ノートにはもう書くところがなくなって、端っこまでぎっしりです。
f:id:kafu-kai:20160527121544j:plain

広告を非表示にする