葭風会だより

季節を感じてひとりごと

葭始生(よしはじめてしょうず)

ひとつ季節がすすみ、「穀雨」となりました。

農作物を潤す 柔らかな雨が降り注ぐころ、
七十二候は「葭始生」 よしはじめてしょうず


f:id:kafu-kai:20160420160720j:plain

安土山を望む西ノ湖のほとりの葭は、すくすくと育ち始めています。

瑞々しい緑が綺麗です。