読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

七十二候 ひとつ季節が進みました。

なんとなく霞んでぼんやりとしている山々。
春の景色のひとつですね。


霞は夜には朧と表現を変えす。

その景色は新しい季節を迎える喜びや、侘びさび、風流、男女の仲にも例えられ、切ない歌がたくさん伝えられています。


f:id:kafu-kai:20160224184408j:plain
これは霞色・・ほんのり紫がかった淡い灰色です。