葭風会だより

季節を感じてひとりごと

余寒お見舞い

昨日とは一変、寒い朝です。

「余寒」とは、立春後に残る寒さのこと。

そして三寒四温は、ちょうど今 使う言葉となります。

少しずつ春に向かっているとはいえ、この寒さは身体にこたえますね。
ご自愛くださいませ。

広告を非表示にする