読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葭風会だより

季節を感じてひとりごと

春立ちける日

「袖ひちてむすびし水のこほれるを 春立つけふの風やとくらむ」紀貫之

(夏の日 袖を濡らしてすくった水は、冬は凍ってしまったが、今日の春の風でとけてゆくだろう)


立春の柔らかな日射しの中、紀貫之が祀られている福王子神社をお詣りしました。
f:id:kafu-kai:20160205094334j:plain
f:id:kafu-kai:20160205094405j:plain