葭風会だより

季節を感じてひとりごと

早梅

早梅・・春を待たずに咲く梅。

藤原定家は12月の花として、梅の歌を詠んでいます。

「色うづむかきねの雪の花ながら 年のこなたに匂ふ梅枝」

(垣根の向こうの梅の枝に、うっすら雪が積もってはっきりとは色がわからないけれど、まだ年の内なのに、いい香りが漂ってくるなぁ)


暖かな年末で、もう梅が咲いているのを見つけました。

f:id:kafu-kai:20160101133236j:plain

広告を非表示にする