葭風会だより

季節を感じてひとりごと

八朔

今日は旧暦8月1日。
8月の朔日で、八朔。

早稲の穂が実る頃、農民の間で初穂をお世話になった人にに贈る風習がありました。
これを「田の実の節句」と呼んでいたそうです。

この「たのみ」を「頼み」にかけ、武家や公家の間でも、日頃お世話になっている(頼み合っている)人や、芸事のお師匠に、その恩を感謝する意味で贈り物をするようになったとか。