葭風会だより

季節を感じてひとりごと

槿(むくげ)

あちこちでむくげを見かける季節となりました。

f:id:kafu-kai:20150712154839j:plain
千宗旦が好んだむくげで、「宗旦槿」と呼ばれています。

f:id:kafu-kai:20150712161450j:plain
真っ白な祇園守。
祇園祭の7月に好まれて活けられます。

このほかに紫色のもの、八重のものなどいろいろ。


むくげは古くは(古称)、朝顔と言われていましたので、「槿(あさがお)」と表記されることがあります。

源氏物語の朝顔の帖も、古い本でしたら「槿」となっているものもあります。