葭風会だより

季節を感じてひとりごと

有明の月

「ほととぎす鳴きつる方を眺むれば ただ有明の月ぞ残れる」

今日は旧暦4月28日。
ほととぎすは夏を告げる鳥。誰よりも早く鳴き声を聞きたくて、昔の人は夜通し待っていたとか。


この歌にある「有明の月」は、明け方東の空に浮かぶお月様のこと。
f:id:kafu-kai:20150614215100g:plain
旧暦25~29日あたりのお月様です。
明日の明け方には、こんなお月様が見えるかな