葭風会だより

季節を感じてひとりごと

さみだる

雨ですね

旧暦の5月ごろの長雨を「五月雨(さみだれ)」といいます。(今の梅雨ですね)

「さみだれ」の「さ」は、「皐月(さつき)」や「早苗(さなえ)」と同じ語源で、稲作にまつわる古語です。
「みだれ」は「水垂れ」で雨のこと。

f:id:kafu-kai:20150612081251j:plain


和歌では、「さみだれ」→「乱れる」 という意味にかけて詠まれることも多く、「五月雨(さみだ)る」と動詞としても使われていました。


『おほかたにさみだるるとや思ふらむ 君恋ひわたる今日のながめを』 (和泉式部日記より)

(あなたはただなんとなく雨が降っているとお思いでしょうが、実はあなたを思い乱れている私の涙が、今日の長雨なのです)

雨の降り続く中、なかなか逢えない相手への思いで心をかき乱されている切なさが「さみだるる」にこめられています。

広告を非表示にする