葭風会だより

季節を感じてひとりごと

吉田山散策

京都大学近くの吉田山、頂上あたりにひっそりと鎮座する竹中稲荷社。
ここに昔 在原業平が住んでいたことがあるそうです。

f:id:kafu-kai:20150605071841j:plain
f:id:kafu-kai:20150605071942j:plain

すぐそばの森の中の業平塚には、以前は供養塔があったようですが、もう今は何もありません。


「きみにより思ひならひぬ世の中の 人はこれをや恋といふらむ」

(あなたに逢ってから切ない物思いが続きます。世の中の人はこれを恋と言うのでしょうか。)



緑萌えるこの季節、木漏れ日の下で誰を思っていたのでしょう・・