葭風会だより

季節を感じてひとりごと

名古曽の滝

まだ5月だというのに、連日 真夏日。

昨日は沢登りをして、滝の水しぶきを浴びてきましたが、
こちらは流れのない滝


大覚寺境内 名古曽(なこそ)の滝跡
f:id:kafu-kai:20150526162034j:plain
「滝の音は絶へて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ」藤原公任

(滝の音は絶えてしまってからずいぶん年月がたってしまっているけれど、その名声はいまでも流れ伝わってきます)