葭風会だより

季節を感じてひとりごと

春雨

雨が続きます。


「花は散りその色となくながむれば むなしき空に春雨ぞふる」式子内親王

(あぁ桜の花が散ってしまったなぁ・・
ぼぉっと寂しい空を眺めていると、春雨が降ってきて、さらに虚しい気分になってしまいました。)


季節の移り変わりは、わくわくどきどきするものですが、時に寂しさむなしさを誘います。

広告を非表示にする