葭風会だより

季節を感じてひとりごと

山吹

桜が終わりに近づき、山吹の花が見頃を迎えています。

f:id:kafu-kai:20150411204121j:plain


源氏物語に登場する玉鬘という女性は、亡き夕顔の忘れ形見。
こっそり姿を見てしまった夕霧は、玉鬘をこう表現しています。

「八重山吹の花が咲き乱れた盛りに、露の置いた夕映えのようだ」


眩しすぎる美しさ。
若々しい華やかさ。

f:id:kafu-kai:20150411204959j:plain