葭風会だより

季節を感じてひとりごと

春社

春分と秋分のそれぞれに一番近い戊(つちのえ)の日を「社日」といい、土地の神様に感謝する日です。

(「戊」という文字には「土」という意味があります。)


春の社日(春社)は種まきの時期で 五穀豊穣の祈願を、秋の社日(秋社)は収穫の時期で 大地の恵みに感謝する日として、伝わってきました。


f:id:kafu-kai:20150323103057j:plain

広告を非表示にする